未分類

着物の模様付け

きものの美しさは、なんといっても文様と色彩の美であり、身体とき ものによって創り出す、動きのある形(姿)の美でもあります。この きものの美を創造する上で最も重要な働きを持っているのが、文様の 配置、構成、つまり模様付けなのです。

給羽模樣(えばもよう)

白生地を寸法に合わせて裁断、仮仕立てすることを絵羽縫いまたは仮絵羽と言います。絵羽模様とは仮仕立てしたきものを画布とみなして 模様を表したものです。背縫い、脇縫い、任、袖の縫い目で模様が切 れることなく、ひと続きになっています。いろいろな模様付けの中で 最も格の高いものとされ、振袖、留袖、訪問着、羽織などに用いられ ています。絵羽付けの模様には、総模様、半模様、裾模様、一文字取 り、縫い目取りなどがあります。

総模様
きもの全体に模様を配したもので、前後左右に無限の広がり
を持つようになっています。振袖などに多く用いられます。

半模様
きものを上下に二分し、下側にだけ模様を配したものです。

裾模様
裾だけに模様を配し、上は無地としたものです。留袖、色留袖、訪問着などの礼装用のきものに用いられています。

付下げ模様

この模様付けは、絵羽模様を簡略化したものです。ふつう、着尺の模様は、一つの方向に追いかけて配置されますが、付下げは、絵羽付けのように仮仕立てをせず、長い反物のまま模様付けし、仕立てたあとで、前後とも、模様が肩山を頂点として、裾の方から上向きになるように配されています。模様の大小にかかわらず、上前身頃から任付けにかけて模様が切れることはありません。この付下げ模様があらわれたのは、大正末期から昭和初期で、絵羽模様の華やかさに対してさりげない品格と落ち着きが好まれています。

着尺模様(きじゃくもよう)

着尺模様は、一つのパターンが着尺地の端から端まで全体に繰り返されています。模様の付け方には、向きに関係なく総柄、飛び柄、割り付け模様などがあります。その中で上下左右に向いてあるものと一方にだけ向かったものがあります。一方にだけ向いた模様の場合は、仕立てると、どこかで模様が逆になる部分が出てきます。このような場合は、上前身頃と上前任を自然の方向にすることが多いようです。着尺模様のきものは、格として付下げの下に位置するもので、原則として礼装には用いられません。しかし、着尺模様の小紋でも、品位のある柄を選べば、黒の羽織と組ませて略礼装とすることもできます。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button